お問い合わせはこちら 電話:042-399-2022
東京都東村山市秋津町5-9-4 秋津クリニックビル1F

東村山市 内科 内視鏡検査 経鼻内視鏡検査 大腸内視鏡検査 消化器内科 糖尿病 高血圧 検査 健診|まつたに内科クリニック

下部内視鏡検査

診療内容 内科 消化器内科 内視鏡内科 アンチエイジング
まつたに内科BLOG

下部内視鏡検査(大腸内視鏡検査)とは

大腸内視鏡検査とは、先端に高性能カメラをつけた細い管(ファイバースコープ)を肛門から挿入し、大腸の奥の盲腸まで挿入した後に引きながら大腸内の粘膜を観察する検査です。

便潜血陽性の際の大腸の検査や大腸ポリープの経過観察、炎症性腸疾患の内視鏡による診断を行います。
また、小さな大腸ポリープは内視鏡検査時に切除を行います。

PAGE TOP

下部内視鏡検査(大腸内視鏡検査)でわかる病気

大腸ポリープ

大腸にできるポリープです。良性でも大きくなるとがんになることがあります。
小さいポリープの場合、症状はありませんが、大きくなると出血することもあります。

大腸がん

大腸に発生する悪性の腫瘍で、食生活が欧米化した近年、増加しています。初期には症状はなく、進行すると出血による血便、下痢、便秘、便が細くなるなどの症状が現れます。
早期の大腸がんであれば、内視鏡検査時に切除可能です。

大腸炎

急性大腸炎と慢性大腸炎があります。急性大腸炎のほとんどは、感染性大腸炎です。慢性大腸炎の場合は、潰瘍やクローン病などが原因となります。症状は、腹痛、下痢、時に発熱を伴います。
慢性大腸炎の場合は症状が数ヶ月に渡ることもあります。

潰瘍性大腸炎

大腸の粘膜の広範囲に潰瘍ができる原因不明の疾患です。下痢、血便、粘血便、貧血、腹痛等の症状が出ます。また、発熱、食欲不振、体重減少、尿路結石、結膜炎、関節炎などの合併症を伴うこともあります。

肛門の一部に腫れができる痔核(いぼ痔)、肛門の付近が切れる裂肛(きれ痔)、肛門にあるくぼみから細菌が入り炎症をおこし、膿瘍を形成する病気です。

PAGE TOP

こんな症状の方は、一度ご相談ください

健診の便潜血反応が陽性だった 赤黒い便が出る 家族・親戚に大腸がんになった方がいる 以前と比べ便が細くなった 大腸がんになったことがある 便秘、下痢を繰り返してる 大腸ポリープがある

PAGE TOP

苦しくない内視鏡検査(眠ったまま行う内視鏡検査)

大腸内視鏡検査で「痛い」と感じたことはありませんか?

大腸は途中、折れ曲がったり、回転したりしています。そのため、内視鏡を進める際に大腸の壁が引き伸ばされ、直接的な痛みが生じます。
個人差はありますが、上部内視鏡検査よりも強い痛みを感じている人が多くいます。

当クリニックではこの苦痛を取り除くため眠ったままの検査を実施しております。

安全な検査のために

眠ったまま行う内視鏡検査中は血圧、脈拍、血液中の酸素濃度が低下する場合もあります。
このような体の変化はモニターで監視します。

PAGE TOP

トイレ付個室完備、クリニックにて下剤の内服ができます

当クリニックでは、トイレ付個室を完備しております。クリニックにお越しになってから下剤を内服していただき、検査を開始いたします。
終了後も個室でリラックスしてお休みいただくことができます。

PAGE TOP

下部内視鏡検査(大腸内視鏡検査)の流れ

  1. 検査前

    検査の3日前から、きのこ、コンニャク、海藻、根菜類等の消化に時間のかかるもの、腸内に残りやすいものの摂取は控えてください。
    検査前日の夜9時頃、お渡しする下剤を服用してください。
    前日、油っぽい食事はお控えください。

  2. 当日朝

    当日朝食を抜いて来院してください。水、お茶、スポーツドリンクは摂取していただいて大丈夫です。

    検査前処置用下剤を自宅で服用する場合

    朝8:00より、2リットルの水に溶かした検査前処置用下剤を約2時間かけて数回に分けて飲んでください。
    (便に固形物がなくなり、透明感のある液体になれば検査可能です)

  3. 来院・受付

    検査直後の車の運転は危険なので、お車での来院はしないでください。
    受付を済ませ、検査までお待ちください。

    検査前処置用下剤をクリニックで服用する場合

    受付を済ませ、クリニック内の個室にて、2リットルの水に溶かした検査前処置用下剤を2時間かけて数回に分けて飲んでください。
    最終排便の性状チェックを行い、検査が正しく行える状態かを判断します。
    (便に固形物がなくなり、透明感のある液体になれば検査可能です)

  4. 検査

    点滴開始し、麻酔をし、眠りにつきましたら、検査開始です。
    検査は20分程度です。事前の説明でポリープの切除を行う場合は、時間が長くかかります。

  5. 検査終了

    検査終了後はリカバリールームにて麻酔が切れるまでゆっくり休んでください。

  6. 結果報告

    麻酔が切れましたら、検査結果を報告いたします。
    ※病理検査以外は即日検査結果がわかります。

下部内視鏡検査(大腸内視鏡検査)の注意

ポリープの切除を行った場合、切除部からの出血を防ぐため下記内容をお守りください。

  1. 食事
    検査後、10日間は消化に良いものを召し上がってください。アルコールや、刺激のお強い食べ物は避けてください。
  2. 入浴
    検査後、3日間は入浴を避けてください。(シャワーはかまいません)
  3. 運動
    検査後10日間は体を動かす作業、スポーツ、力仕事は避けてください。

検査中に麻酔を使用しますので、検査後に眠気が残る場合があります。
当日の、車、バイク、自転車の運転は控え、ご自宅でゆっくり休んでください。

PAGE TOP

日帰り手術

大腸内視鏡によるポリープ切除術

大腸内視鏡検査時に発見したポリープは、その場で切除をすることができます。
詳しくは、検査前に説明いたします。
※ポリープの大きさ、形により、検査中に切除できない場合もあります。

PAGE TOP